感想ニュースは、玉石混淆の情報ソースを鵜呑みにし、筆者の勘違いや理解不足も含めて臆せず感想を叫ぶサイトです。

学費半額を学生団体が文科省に要請!

NEWS新型コロナ

学費半額を学生団体が文科省に要請!


「学生団体が国の予算で学費を半額にするよう文科省に要請」について今回の注目ポイント

学生団体が国の予算を使って学費を半分にするように要請。

新型コロナの影響で、退学を考えている学生が約2割いるという。


注目ポイントに対する感想

結論

国だけでなく、所属大学との交渉や富裕層への寄付の呼びかけも同時並行的に行うべき。

また、現時点で約2割の学生が退学を考えているという調査結果には違和感を感じる。

このニュースに関してわからないことがいくつかあります。

まず、当該学生団体が既存の団体なのか今回の件をうけて立ち上がったものなのかについてです。

直接副大臣に署名を渡せるほどなので、力のある既存団体なのか、あるいはメディアが一斉に取り上げたことでそこまでたどり着けたのか・・・。

まぁこの謎についてはどちらでも良いのですが個人的に気になりました。

ここからが本題の謎なのですが、なぜこの学生団体は、国にだけ要請をだしているのでしょうか。

所属大学による減免要請等も同時に行うべきだと思うのですが・・・。

所属大学との交渉や、富裕層への寄付の呼びかけなどもしているのかもしれませんが現状伝わってきていません。

もう一つの謎が、現時点で約2割の学生が退学を考えていることです。

新型コロナパンデミックからまだ数ヶ月しか経過していません。

WHOが宣言したのが3月11日です。

そこから考えるとまだ2ヶ月たっていないのに既に退学を考えなければならないというのは不自然です。

そこまで苦学生が多い時代になってしまったのでしょうか。

この先、半年・1年同じ状況が続けばという前提がついているならよくわかるのですが・・・。

当該実態調査の質問項目が非常に気になります。

マスコミには、どういう調査をしたのかもしっかり把握・報道してほしいです。

今回のような事態においては、議員・公務員のように国が厳しい状態に陥っても安定して収入がはいる層以外は学生に限らずみんな苦しんでいます。

政府には、バランスを考えた上で二の矢三の矢とスピード感をもってさまざまな層に対して安心を与える政策をお願いしたいと思います。