感想ニュースは、玉石混淆の情報ソースを鵜呑みにし、筆者の勘違いや理解不足も含めて臆せず感想を叫ぶサイトです。

フジテレビの【突然ですが占ってもいいですか?】は低視聴率だけど充分面白い!

その他番組バラエティ

【突然ですが占ってもいいですか?】は低視聴率だけど充分面白い!


「突然ですが占ってもいいですか?」について今回の注目ポイント

2020年4月15日にフジテレビで放送開始した占い番組「突然ですが占ってもいいですか?」の是非について。


注目ポイントに対する感想

結論

フジテレビの水曜22時~放送中の「突然ですが占ってもいいですか?」は低視聴率のようですが、面白いので一度見てみる価値はあると思います。

新型コロナの影響の中、頑張ってスタートさせた感満載のフジテレビの新番組「突然ですが占ってもいいですか?」。

世間的にはどうやら酷評が多いようです。

具体的には、「知らない占い師が一般人を占って何が面白いの?」であったり、「AIの時代に今さら占い?」などの意見があるようです。

筆者としては、充分におもしろい番組だと思って2回ほど続けて視聴しています。

知らない占い師が知らない人を占っていても、過去や現在を連続的に当てられた時の素人の反応は面白いし、占い師達の決めつけた物言いも強気で嫌いじゃないです。

占いのラストに、占われた人の後日談をつけているのもいいですね。

可能なら、1年後どうなっているかなどの追跡も行ってほしいです。

さて、番組内容としての感想はこのくらいですかね。

あとは、占いに関しての個人的見解も載せておきます。

筆者が考えるよく当たる占い師の要素は、「統計学に則ったデータを占いの場で即座に利用できること」、「話術のテクニックが高いこと」、「メンタリスト的なテクニックを習得していること」の3つだと考えています。

あくまでも占いの素人の考えです・・・。

ただ、占いが個人情報を必要とする以上、間違いなく統計学的な見地からの判断が含まれているはずです。

そして、統計学は当然ながら100%はありませんから、外した時に頼れるのは話術ということになります。

外れても、うまく心理誘導して信頼を損なわないようにすることは可能です。

こういったプロは、失敗した時のことまで考えて1つのシステムを構築しています。例えばマジシャンもそうです。

人は必ず失敗します。

「失敗しました、ごめんなさい!」チャンチャン♪では商売あがったりです。

失敗したのならそれが前フリになって別のネタに移行できるような事前準備を、一流どころは必ず行っているはずです。

もうひとつは、メンタリスト的なテクニックです。

日本で言うなら、メンタリストのdaigoさんに代表される人たちの技術ですね。

ちょっとした仕草や表情などから情報を読み取れば、より占いを成功に導くことができます。

筆者としては、占いを目に見えない力をあてはめて考えるのはナンセンスだと考えているので、こういう解釈になりましたが、もちろん目に見えない力について否定する気持ちはありません。

何を信じるかは個人の自由なので。

ここでもう一度思い出したかのように番組についての見解を1つ。

当該番組をみていると、一流どころの占い師だとしてもあまりにも必中確率が高いと感じます。

「流石に当たりすぎでしょう!!」と思ってしまいます。

あくまでも可能性の話ですが、こういう場合2つの可能性があると思っています。

1つは、放送業界でご法度の「やらせ」ですね。

占われる方の素人さんも実は番組が用意した演者でしたというパターンです。

もう一つの可能性は、かなりたくさん占った中で、的中率が高かったケースを厳選して放送している可能性、あるいは対象が同一の占いの中でも当たり外れがあるのでそれをうまく切り貼りして見せかけの的中率を上げているケースです。

これは、編集の取捨選択といわれたらそれまでのことなので、セーフですね。

個人的には、面白ければどちらでもかまわないというスタンスです。ただ、やらせに関しては「やるなら絶対にバレるな!」と言いたいですね。

バレてしまうと面白い番組が消えてしまうので・・・。クレイジージャーニーなんかはその典型です。

もちろんやらせによって実害がでるものに関しては、許すべきではありません。

しかし、それがない部類のものであれば「ひとつの演出として飲み込んであげれば・・・」と思ってしまいます。

それでもやっぱり問題があるなら、「一部過剰演出を含む番組です!」という表記を番組サイトに表示することを義務化して、気になる人は確認するような方式にすればいいと思います。

というわけで、いろいろと脱線しましたが、「突然ですが占ってもいいですか?」は面白いので一度見てみる価値はあると思います。