感想ニュースは、玉石混淆の情報ソースを鵜呑みにし、筆者の勘違いや理解不足も含めて臆せず感想を叫ぶサイトです。

新型コロナの影響で増えてきた【テレビ番組】の特別編は何が違う?

その他番組新型コロナ

新型コロナの影響で増えてきた【テレビ番組】の特別編は何が違う?


「テレビ番組の特別編」について今回の注目ポイント

新型コロナの影響で、ドラマやその他番組の撮影が困難になっている中で、特別編という名目での放送が見受けられるようになりました。


注目ポイントに対する感想

結論

筆者が見た特別編は結局の所、再放送や総集編でしかありませんでした。

テレビ局は、視聴者を混乱させる表現は慎むべきだと思います。

本当に特別な内容が追加されているならその旨をアナウンスするべきです。

新型コロナ感染のリスクを回避するために、三密は必須です。

そのために現場に演者が集まらないと収録や撮影が進まない番組の場合、放送が延期される事態に至っています。

結果として、番組の差し替えや再放送や総集編という形で穴埋めをするようになりはじめました。

そんな中で、ちらほら目につくようになったのが「特別編」という表現です。

この表現を目にした多くの人は、少なくともコンテンツ自体に何か新しいものが加えられたものだろうと思うのではないでしょうか?

しかし、筆者が見せられた番組はただの再放送でした。

同じ様に、期待して見たものの「ただの再放送じゃないか!」と肩透かしをくらった思いの方は多いと思います。

ネットやテレビの番組表等をみても特別版の意味には触れておらず、不親切だといわざるをえません。

テレビ局としては、少しでも数字を稼ぎたいからそのような表現を使い出したのでしょうが、ちょっとやりすぎだと思います。

いさぎよく、再放送・総集編のように既存の文言を使うべきです。

もし本当に特別なコンテンツが追加されているならその旨のアナウンスはきっちりと行うべきだと思います。