感想ニュースは、玉石混淆の情報ソースを鵜呑みにし、筆者の勘違いや理解不足も含めて臆せず感想を叫ぶサイトです。

和田アキ子さん「アッコにおまかせ」で10万円の給付金欲しいと発言!

その他番組新型コロナ

和田アキ子さん「アッコにおまかせ」で10万円の給付金欲しいと発言!


「2020年5月3日放送のテレビ番組『アッコにおまかせ』」について今回の注目ポイント

番組内での和田アキ子さんの新型コロナ給付金に対しての発言。


注目ポイントに対する感想

結論

毎年巨額の税金を支払っている和田アキ子さんは、いつもと逆のパターン、国から支払われるということに喜びを感じているのではないでしょうか。

毎週日曜のお昼に放送されているTBSの「アッコにおまかせ」で和田アキ子さんのびっくり発言がありました。

その発言は、新型コロナ給付金に関する内容に移って間もなく発せられました。

発言内容は、「10万円欲しい」というものでした。

はじめに聞いた時に、「えっ!!」っと思ってしまいました。

和田アキ子さんといえば、芸能界のご意見番といわれる存在で、大のつくお金持ちなのは誰の目からみても明らかでしょう。

しかも、仕事は減っているかもしれませんが依然として「アッコにおまかせ」のようにレギュラー番組は継続できています。

そういった状況下で、「10万円欲しい」は、叩かれるんじゃないかと心配になりました。

それと同時に、「この人勇気があるな」とも感じました。

ただ、今回の10万円給付の対象が全国民となっている以上、受け取るのは権利なので本来は全く問題ない発言ではあります。

政府が、「スピード重視のために全国民に給付しますが、収入が大きく減っていなかったり、生活が困難でない人は受け取りを遠慮してください」とでもアナウンスしていれば別ですが、おそらく今回の給付は、新型コロナという大きなストレスに対してのエール的なものなのでしょう。

このストレスに関しては、国民間の差は比較的小さいはずですしね。

当該発言後、しばらく番組視聴していると、さらに以下のような趣旨の発言がありました。

「お金を出すことは多いけどもらうことはない」。

どういうことなのか考えてみました。

おそらく「国に対して」という意味なのだと思います。

税金はしこたまとられているけど、それと比べると国からはお金をほとんどもらっていないということだと推測しました。

だから、今回の10万円は嬉しいようです。

確かに高額所得者の気持ちを考えると毎年半分近く持っていかれるわけですからわからないでもないですね・・・。

筆者の推測を含んでいますが、10万円欲しいの意味が腑に落ちました。