感想ニュースは、玉石混淆の情報ソースを鵜呑みにし、筆者の勘違いや理解不足も含めて臆せず感想を叫ぶサイトです。

アクサダイレクトのCMの天体観測篇の違和感は戦略?

CM

アクサダイレクトのCMの天体観測篇の違和感は戦略?


「アクサダイレクトのCM」について今回の注目ポイント

岡田将生さんと子役の谷垣有唯さんが出演する「アクサダイレクトのCMの天体観測篇」についてどう考えても不可解な部分があります。


注目ポイントに対する感想

結論

アクサダイレクトの天体観測篇の違和感は戦略かもしれません。

内容としては、岡田将生が扮する男性が甥っ子を天体観測につれていくというものです。

このCMは、2019年1月から放送されていました。

最初に見たときから違和感がすごかったのですが、その理由は、「甥っ子が天体望遠鏡の三脚部分を車のドアにぶつけてしまうのですが、その当たり方と傷の具合が一致しないということです。」あの当たりならあそこまで傷つくことはないはずです。

それに、三脚ってだいたい足の部分にゴムなどの緩衝材がはめられてると思うんですよね・・・。

もう一つあげるなら、あの程度の傷で保険を使う気なのかなという疑問も湧いてきます。

アクサダイレクトは、あのレベルの傷で保険を使っても保険料は上がらないのでしょうか。

もしそうなら、たしかに甥っ子を怒る必要はないのかもしれませんね。

アクサダイレクトはなぜこのようなCMを作ったのでしょうか。

謎です。

ただ、このCMの目的があえて違和感をもたせることでインパクトを与えるということなら大成功だと思います。

イメージはともかく知名度を向上させるには良い手だといえます。

違和感程度のイメージはその後にすり替えていくことは容易ですから。